春の果物といえば・・・いちご・・・

天ぷらにしてみました。

null

白魚(しらうお)は宍道湖七珍味の代表格の一つです。

漢字が同じなのでシロウオと間違える人もいますが、全くの別物!!です。
(シウオは鮭鱒科、シウオはハゼ科の魚。)

例年、11月15日が宍道湖での白魚漁の解禁日ですが、年内はサイズも小さくあまり獲れないので、年が明けてから漁が本格的になります。

とても繊細で鮮度落ちも早く、また、昔に比べると漁獲量もかなり少なくなったため高価で中々口にすることが出来なくなってしまいました。

それでも地元の人達は冬から春にかけて白魚を刺身、酢味噌掛け、卵張りの吸物、雑炊、柳川風、天ぷらなどにして食べることを楽しみにしています。

そして、魚一へは白魚の時季になると毎年お客様からお問合せの電話が入ります。

 ・・・『あのー、 白魚の天丼は出来ますか?』

null

null

null

宍道湖が荒れて漁師さんが網を揚げられなかったり、獲れなかったりすることもある為、ご注文にお答えできなくてとても申し訳ないと思う時もありますが、できるだけ入荷を切らさないように努力しています。

春の気配も深まってきましたが、3月いっぱいは、まだまだお楽しみいただけます。

null

前回のブログはちらし寿司。
 この度は、『春野菜の握り寿司』です。

焙り筍の印籠寿司   
焚いて味を含めた筍をくり抜き、筍と相性の良い「木の芽」を叩いて混ぜたシャリを詰め込みました。

菜の花菜種まぶし
ゆで卵の黄身を裏ごししてから2枚鍋(湯煎)にかけ、焦げないように竹箸や竹串を使ってかき混ぜて水分を飛ばし「そぼろ状」にしたものを菜種卵(なたねたまご)と言います。
菜の花にまぶして花が咲いたように見立てました。

焼き椎茸
この時季に取れる椎茸を特に春子(はるこ)椎茸と言います。
焼くと、とても香ばしくなりますね。

肉厚のものを焼いて、生姜醤油を付けて食べるのも良いですね。
熱燗が欲しくなります。

2月に入ってから5月のような陽気が数日続き、島根半島側に出向いた時には海の色も春を感じさせる色合いで、このまま春を迎えるのかと思いきや・・・。
 そう易々と春はやって来ませんね。

天気はまた冬型にもどって厚手のコートを羽織って外出です。

それでも3月に入った途端、何となく活性が上がるのは、人間も動物だからでしょうか?
ウキウキとしてくるのは、人が人であるからでしょうか? (^o^)

3月になれば、料理献立はもちろん春の色・味・形に・・・

春といえば
     やはり
         ちらし寿司!!  

null

2月13日

まつえ暖談食フェスタのイベント「暖談晩餐会」を蓬莱吉日庵で昼・夜に開催しました。

イベントの内容は
癒しの音楽を聴きながら冬の味覚を味わうということで、

シンガーソングライターORi-ZURU細木佳織withギタリスト岡崎正泰氏の歌と演奏、そして、お料理・飲み物を楽しんで頂きました。

しかも、蓬莱荘の佇まいに感動した細木佳織さんが歌を作ってくれて(岡崎氏のアレンジ)、その初お披露目の会にもなりました。

タイトルは 『蓬莱荘・・・百年の時を超えて・・・感謝!!』

そして・・・、

♪♪♪CDも同日 発売開始!!

null

 もう一曲「向日葵(ひまわり)」とのダブルA面で1枚1050円♪♪♪♪

蓬莱吉日庵、魚一の両店にて販売致しております。
        ♪♪♪ 是非ともお買い上げ下さい m(._.)m ♪♪♪


【昼の部】
null

null

null

この度は、大阪から来てくれたギタリストの岡崎氏のソロ演奏の時間も・・・。

null

スタッフのみんなもご挨拶しました。
null

蓬莱荘の歌
「蓬莱荘・・・百年の時を超えて・・・感謝!!」のお披露目があることを聞きつけて、山陰放送ラジオカーの取材もありました。
null
この他にも、山陰中央新報さん、日本海新聞さん、島根日日新聞さんなどからも取材があり記事にして頂いています。(かなり大きく取り上げてもらいました。)

ご参加の皆さんにも和気あいあいとした時間をお過ごし頂きました。
null
有難うございました。

そして・・・、
【夜の部】

null

null

夜はやはり昼とは雰囲気も違い、ビールにワインETC. ・・・

アルコールも入るにつれ、昼とはまた違った盛り上がりをみせて・・・

null

もちろん、夜の部も岡崎氏のソロ・ステージあり。
    null

そして・・・

   ついに・・・


 盛り上がりも頂点に!!      
      ↓
      ↓
      ↓
      ↓
      ↓

 ドッカ~ン ! !  ( ^_^)/□☆□\(^_^ )

null

とにかく、盛り上がりました o(^o^)o 
null null
(画像をクリックすると大きくなります。)
null null

null null

null