今日も大変暑い日でしたが、たくさんのお客様にお越しいただきました。

レストランも満席になり、個室の方も忙しくばたばたとした一日で

スタッフ一同すがすがしい汗をかくことができました。

今日はレストランに益田からのご家族がお越しになりましたが当店は

表通りから見えない場所にあるので、松江に住んでいない方にはとても

わかりずらいので、何かうまく説明できるように考えないといけないと

反省しました。

毎日暑いですが皆さん熱中症には気をつけましょう!!

7月1日より蓬莱吉日庵では毎年ご好評いただいております 
     松の間ダイニングでのビアホールを今年も始めました。

  お一人様のご利用料金もリーズナブル
    
    庭園を眺めながらの
       ひと味違うアッパーグレードのビアホールをお楽しみ下さい。

 そして、
 
  今年のビアホールのネーミングとテーマは・・・
         「蓬莱夏祭り」
   
ホールの女性スタッフはゆかた姿での接客サービス、また、厨房スタッフは蓬莱吉日庵オリジナルTシャツを着ました。

ビアホールご利用のお客様にはクジ引きをしていただきます。
   蓬莱吉日庵オリジナルTシャツをはじめ、色々な景品が当るかもしれません。

   和風庭園を眺めながらの上質なビアホール
       ・・・気分はアッパーグレード
  null

   女性接客スタッフがゆかたで応対いたします
  image(IMG_2638.jpg|281|375|null)
  
  null 

   ビアホールご利用のお客様には
                楽しいくじ引きつき・・・
  null

   調理スタッフも夏祭り期間中はおりじなるTシャツを着て・・・
  null

         <オリジナルTシャツ>
    山口県防府市 こだわりのプリント屋「印刷工房」の谷平社長さんに
    わがままを言って作ってもらいました。

  デザインは2種類 サイズもS・M・L
   くじ引きで当たった方はお好きなデザインとサイズを選んでいただけます。

    ※惜しくもくじ引きにハズれた方も・・・、
      店頭にて販売しておりますのでスタッフまでお申し付け下さい。 
      税込2,000円 

ビアホール企画「蓬莱夏祭り」についての詳しい情報は
       ⇒ こちらをご覧下さい。    

   

7月3日の夜
  「七夕料理と島根の酒蔵を楽しむ会」を開催しました。

 null

 今回のテーマは、

節句に因んだ創作料理に、同じ島根にありながら普段はあまり飲むことのない蔵元の銘酒を一緒に楽しんでいただくというものでした。

 蔵元とお酒をチョイスしてくれたのは
   フリーアナウンサーで利き酒師の 石原美和さん

 tanabata1.jpg

 tanabata3.jpg

 県下蔵元のそれぞれ個性的でストーリー性のあるお酒を選んでもらっています。
 
    今回 登場したお酒は・・・

      ①簸上清酒  「吟醸 七冠馬 薄にごり 魚一スペシャル」
        =簸上の田村社長が造ってくれた魚一でしか飲めないお酒。
「七冠馬」に大吟醸「玉鋼」の酒粕を薄く加えてあるので、大吟醸の香りが口の中に広がるお酒です。
(魚一でしか飲めないと書きましたが、銀座一丁目にある名店
      ②簸上清酒  「大吟醸 玉鋼」
      ③若林酒造  「開春 超辛口」
      ④加茂福酒造 「白鬼」
      ⑤酒持田本店 「濃酒井(こざかい)」
      ⑥隠岐酒造  「結結(ゆいゆい)」

    tanabata4.jpg
      ・・・加茂福の「白鬼」
       まるで白ワインを飲んでいるような味わいです。
       一升瓶でしか入手できなかったので
       瓶に移し替えて、まさしく白ワインのようによ~く冷して・・・

そして、
   お料理は・・・
      もちろん、それぞれの日本酒の個性に合わせて・・・  
  
   前菜 「七夕飾り」
      短冊長芋 三色(黄身焼き、磯辺焼き、白焼き)
      うなぎ押寿司、雷干しサーモン巻き
      川海老唐揚げ、夏きす昆布〆 
            
  null

  null


   お造り「天の川」
  null

    天の川に見立てた素麺、牽牛がサザエで織姫はハモの梅肉のせ
    スターフルーツとサクランボを彩りに添えて・・・


   吸物「トウモロコシすり流し」
  null
    
    白味噌仕立てにまろやかさを出すため豆乳を加えて・・・


   焼物「鮎のうるか焼き」
  null
 
    高津川の天然鮎の苦うるかを使用・・・
        思わずお酒が進んでしまう一品・・・


   口直し「大吟醸 玉鋼 のジェラート」
  null

    玉鋼の酒粕を使って造った簸上清酒PBのジェラート
      酒粕の香りが口の中に広がります・・・
    そして、
     贅沢にも大吟醸「玉鋼」を掛けてお召し上がりいただくと・・・
      ご参加の皆さんも驚きの声・・・  美味い!!!


   酢の物「トマト釜 真タコと季節野菜のサラダ風 トマト酢を掛けて」
  null

   白ワインのような「白鬼」に合わせた料理・・・
    「トマトの釜も食べられますか?」のご質問に、
    「もちろんどうぞ」・・・ 


   強肴「牛ヒレ 野菜の彩り」
  
  スミマセン m(_ _)m
         写真を撮るのを忘れました!!(痛恨の極み その1、)
   ボディのしっかりした「濃酒井(こざかい)」に合わせた料理です。


   冷し鉢「冬瓜の雲丹射込み」
  null 

   純和の料理にチキンコンソメのジュレを掛けて・・・
     あっさりとした中にコンソメのマッタリ風味が広がります・・・


   食事「生姜めしと清まし汁」
  null

   新生姜の味と香りをお楽しみいただきました。

 
  デザート「天の川を渡る」
  スミマセン m(_ _)m
         写真を撮るのを忘れました!!(痛恨の極み その2、) 

   天の川を渡る笹舟には葛水仙をかぶせた青梅の蜜煮が・・・
    百合根羊羹とさつま芋羊羹を川に見立てました。
   そして、特別出演として、
     倉吉のペアファーム花田さんから頂戴した西瓜を添えました。
      通称「ドバイ西瓜」と同じ品種の西瓜です。
      ちなみに、「ドバイ西瓜」は、何と!1玉3万円!!! 
     
     花田さん有難うございました!!
     今年も美味しい梨たちが楽しみです!! 

 そして、
   次回の節句料理の会は9月、「重陽の節句」に因んだ献立です。

ちょうど同じ頃に島根県調理師会設立40周年記念事業として料理展示が松江で開催されます。
 魚一は、「松平不昧公ご長男誕生 お七夜祝いの本膳料理」を再現したものを展示しようと思っていますので、節句料理の会でもそのお料理をお作りしようかと考えています。

ついでに、私が打ったお蕎麦も一緒にお召し上がりいただこうかと・・・

    ご期待下さい。
 
    



約1ヶ月前の6月はじめに、日本の高校・大学野球、そして、ノンプロ・プロ野球界の発展に貢献しておいでの皆さんにご来店頂きました。

仲を取り持ったのは、茶道流儀同門・同期生の川上大氏でした。

22.6.3-6.jpg

  左から
 山中元オリンピック日本代表監督、私、川上氏、早瀬元ニッセイ監督、野口元横浜ベイ スターズ球団取締役

<山中正竹> 氏
  22.6.3-1.jpg

  バルセロナオリンピックの時の野球日本代表監督です。
  法政大学の時にはエース・ピッチャーとして法政3羽カラス(田淵幸一、山本浩司、  富田勝と共に6大学リーグでの法政黄金時代を築いた立役者の中のお一人です。
  その後も、社会人、プロ、大学野球で日本野球界を牽引し、その発展に大いに寄与さ  れている中のお一人ですね。(すごいです!!)
    

<野口善男>
 氏

  PL学園から法政大学野球部へ、そしてドラフト1位指名で横浜大洋ホエールズに入  団という華々しいキャリアをお持ちです。
  現在も、もちろん野球界とつながりを持ってご活躍中。


<早瀬万豊>(かずとよ)氏

  関西6大学リーグではエース・ピッチャーとしてその名を馳せ、卒業後はノンプロ日  本生命のエース、そして、監督にご就任。

 現在、何と! ニッセイ島根支社長として松江においでです。
        (これまでにもご来店頂いていました・・・)
  
  今春、選抜高校野球を何気なく見ていた時、実況アナが「この試合の解説は元日本生  命監督の早瀬万豊さんです。」と早瀬元監督を紹介しているのに遭遇。
  ご活躍だな~と思いました。