今年の春は
     
       長くて寒かった冬を抜けて 

       突然やって来たような気がします。


そして、松江城山をはじめ、市内の桜名所でも4月に入って一気に咲きほころびました。

 
   ちょうど満開時分の夜、

   松江大橋をほろ酔い気分で歩いて渡ったのですが、

   橋の南詰めにある源助公園の桜が今年も見事でした。

   源助桜1.jpg

源助桜2.jpg

   源助桜3.jpg

源助桜4.jpg

  源助しだれ桜.jpg

  

   残念ながら、あまり綺麗に撮影できなかったので・・・

人様のブログの画像を使わせていただきました  m(_ _)m

    
    昼間はこんな感じです・・・
    null

    null

    null

    夜なるとライトアップされて・・・
    null

    橋からの眺めは・・・
    null
    1本の桜の大木のように見えますが、
    実は2本の桜木が寄り添うように並んでいて、
    あたかも1本のようになっているところが何とも言えませんネ・・・
    
  
  ちなみに、その夜は、

  復興を祈って岩手、宮城、福島、茨城の蔵元のお酒を飲みました。

  お酒を頂いたお店のカウンターで、偶然に俳人の方と隣り合わせになり、
  話しにも花が咲きました(洒落です・・)

  そして、
  その会話の中で出てきた良寛禅師の辞世の句などを思い出しながら、
  しばし夜桜を見上げていました・・・
 
  「散る桜 残る桜も 散る桜」
  (映画「男達の大和」の中でも主人公の一人が詠っていました。)

  同じく、良寛禅師の俳句
  
  「裏を見せ 表を見せて 散る紅葉」
  そして、

 良寛禅師の尊敬する道元禅師の句・・・私も好きな句です。
 
  「春は花 夏不如帰 秋は月 冬雪冴えて涼しかりけり」
            
       魂の奥底まで沁み込んできませんか・・・
               ・
               ・
               ・
         日本人て素晴らしいです!!

          がんばろう日本!!

          負けるな日本人!!

蓬莱吉日庵 恒例のイベント

源流どぶろく 「上代」 源流あられ酒 「海に降る雪」 を飲みつくす会を

4月9日 開催しました。

null

null

null

今年も参加者44名様にしっかり飲み尽くして頂きました!


残念ながら、この会に参加できなかった皆様は

蓬莱吉日庵で、ぜひ一度お召し上がり下さいませ。

        海に降る雪
     500ml  3,000円

なお、東北関東大震災にみまわれた方々の支援・復興のため
売上の一部を募金することにいたしました。

本日4月1日は、 新名物料理「アゴのときくずし」を開始した記念すべき日です。

そして、

「アゴのときくずし」の、記念すべき第1号のご注文をいただいたお客様にお願いをして、記念写真を撮らせて頂きました。


null

null

(ブログにアップするにあたり、ご本人とわからないようにとのご依頼がありましたので、一部修正をしております。)

また、

島根県の公式サイト <しまね観光ナビゲーション> でも 
松江の新名物となるであろう事業として「アゴのときくずし」を取り上げていただいています。

どうぞ皆さん、、、

   是非とも

松江の新名物「アゴのときくずし」をお召し上がり下さい。